ビスタ システムの小技15 − ビスタの隠しメニュー

スポンサードリンク
ビスタが標準で備えている機能にもかかわらず、以外に知られていないのが、この”隠しメニュー”とも言える2つの機能。

どちらも「Shift」キーを押しながら、右クリックすることでメニューに現れる項目ですが、ひとつ目は「パスとしてコピー」という項目。

これは、選択したファイルやフォルダのフルパスをクリップボードにコピーしてくれるもので、ネットワークを通じて共通のファイルサーバーに置いたファイルやフォルダの場所を、共同作業者に伝える際などに役に立つ機能です。

そして、二つ目は「コマンドウィンドウをここで開く」という項目で、これはアクセサリに用意されているコマンドプロンプトを、選択している任意のフォルダをカレントディレクトリとして起動することができるというもの。

当然ながらビスタはGUI操作が基本なので、コマンドラインでの操作をすることは日常的にはあまりないかもしれませんが、こういった上級者向けのメニューが備えられているということを覚えておくだけでも、ビスタを知る上で勉強になりますよね。
posted by VistaMaster | ビスタ システムの小技
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。