ビスタ 付属ソフトの小技3 − 画面を自由にキャプチャしたい

スポンサードリンク
画面をキャプチャしようと思うと、「Print Screen」キーで画面全体をキャプチャするか、もしくは「Alt」キー+「Print Screen」キーでウィンドウキャプチャをする手法が、Windows XPまでは主流でしたよね。

ところが、ビスタには「Snipping Tool」というアクセサリツールが標準で付属していて、地味なので気が付かない人も多いと思いますが、実はこれを使えば、自由形式、四角形、ウィンドウ、全画面の4通りのキャプチャができます。

おまけに、キャプチャした画面に手書きのメモまで書ける上、JPEG、GIF、PNGといった代表的な画像フォーマットの他、HTML形式でも保存できるというすぐれもの。

使い方も簡単なので、特に画面を保存することの多い人は、これを使わない手はありませんよね。まさに、うってつけのツールと言って良いでしょう。

【操作手順】

1.スタートメニューから「アクセサリ」メニューをポイントし、開いたメニューから「Snipping Tool」を選択して”Snipping Tool”を起動
2.後は、希望のメニューを選択、アイコンをクリックして、キャプチャやメモ書き、保存を実行※

※Snipping Tool自体の使い方は本当に簡単なので、実際に操作してみれば、すぐに分かると思います(^^;
posted by VistaMaster | ビスタ 付属ソフトの小技
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。