ビスタ システムの小技13 − 特定のファイルだけ検索できない

スポンサードリンク
ファイル検索に威力を発揮するインデックスですが、ビスタがこのインデックスを作成する際、特定のファイルをうまく認識できずにインデックスから漏らしてしまい、検索でヒットしない場合があります。

あまり一般的ではないファイル形式の場合などに起きる現象ですが、そんなケースに陥った場合は、その特定のファイルの拡張子を手動でインデックスに追加してやることで解決できます。

なお、追加方法には「プロパティのみのインデックスを作成する」と「プロパティとファイルのコンテンツのインデックスを作成する」の2種類がありますが、通常は前者の選択でOK。後者を選択した場合は、ファイルの中身までを検索の対象にするため、若干検索に時間がかかるようになります。

インデックスへのファイル拡張子の追加手順は、下記のようになります。

【操作手順】

1.スタートメニューから”コントロールパネル”を起動
2.検索ボックスに’インデックス’と入力して検索を実行する
3.”インデックスのオプション”画面から「詳細設定」ボタンを押す
4.”詳細オプション”画面の「ファイルの種類」タブを選択し、「このファイルのインデックスの作成方法」欄の2項目から、どちらかを選択する(上記の記事を参照)
5.画面左下のテキストボックスに追加したいファイルの拡張子を入力し、 「新しい拡張子の追加」ボタンを押す
posted by VistaMaster | ビスタ システムの小技

ビスタ システムの小技12 − ファイルが検索できない

スポンサードリンク
ビスタの特徴的な新機能であるスタートメニューのクイック検索。検索結果からソフトを起動したり、ファイルを開いたりすることができる便利な機能ですが、ヒットしていたファイル名がある日突然ヒットしなくなる場合があります。

そんなときは、ビスタによって作成されたインデックスに問題が発生している可能性が高いので、インデックスの再構築をしてみましょう。

因みにこのビスタが作成するインデックスは、ファイルの保存、移動、削除といった操作をした際に更新される仕組みとなっているので、作成されるタイミングと検索のタイミングとが合わないと、検索結果に反映されなかったりすることもあります。

インデックス再構築の手順は、下記のようになります。

【操作手順】

1.スタートメニューから”コントロールパネル”を起動
2.検索ボックスに’インデックス’と入力して検索を実行する
3.”インデックスのオプション”画面から「詳細設定」ボタンを押す
4.”詳細オプション”画面の「インデックスの設定」タブを選択し、「トラブルシューティング」項目の「再構築」ボタンを押す
posted by VistaMaster | ビスタ システムの小技
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。