ビスタ システムの小技1 − 要らないスタートアップ項目を無効にしたい

スポンサードリンク
ビスタが登場して大分経ちますが、XPで愛用していたソフトを引き続き使っている方も多いと思います。

ご自身で利用できることを確認して使われている分には問題がないのですが、中には気が付かない内(ソフトインストール時など)にスタートアップに登録されていて、互換性がないために起動時にエラーとなってしまうものがあったりますね。

そんな症状を回避するには”システム構成”から必要のないスタートアップ項目を外す処理が必要です。

【操作手順】

1.スタートメニューの検索ボックスに”システム構成”と入力して検索
2.システム構成が起動したら「スタートアップ」タブに切り替えて、該当する項目のチェックボックスを外す
3.「OK」ボタンを押す

また、メモリに常駐して機能を提供する”サービス”も、このシステム構成の「サービス」タブから”スタートアップ”と同様に無効にすることができます。
posted by VistaMaster | ビスタ システムの小技
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。